メニューをスキップ | お知らせ Apr.8th.2015 | 専門医 紹介 | 治療例 | お問い合わせ | アクセス | 成人矯正 | このサイトについて | プロフェッショナル | リンク

はじめまして! 歯周病専門医(指導医)より皆様へ

■ 健康な歯茎(歯周病治療)と失った歯(インプラント)を取り戻したい方へ

 当院の特徴1は『患者さん歯周病の治療により良好長い期間にわたって歯を保存・維持することが出来る』ことです。 そして、それは結果として治療が非常に長持ちします。いわゆる対症療法とは一線を画するものです。 以下のような症状は一度、歯周病専門医にご相談下さい。

  • 重度慢性歯周炎  (中年以降の重症な歯周病)
  • 侵襲性歯周炎   (若い方の歯周病や質の悪い歯周病)
  • インプラント治療 (難しい治療、左右対称の美しい前歯)
  • 歯周病と矯正   (機能と審美と歯周病の改善を複合的に)
  • 歯周膿瘍     (急性に腫れて、膿んでいる状態)
  • 米国式歯内療法  (マイクロスコープを使った精度の高い治療)
  • 根分岐部病変   (奥歯の根っこの間に生じた歯周病)
  • 垂直性骨欠損   (局所的な歯の周囲の骨が急速に失われた状態)
  • 歯根露出     (歯の根っこが見えている[歯が長くなった]状態)
  • インプラント周囲炎(インプラントの周りに生じる歯周病)
  • 歯周病と全身疾患 (糖尿病、心血管系疾患等)が合併している歯周病)
  • 不正咬合と歯周病 (受け口や出っ歯、乱ぐい歯の歯周病)
 当院の特徴2は、見栄えを損なわない歯周病とインプラントの治療です。 天然歯の保存を最優先して、必要な場合はインプラントとの両方に 歯周組織再生療法と歯周形成外科の技術に基づいた最適な治療を計画します。 より審美的、機能的に優れた長持ちする歯周病とインプラントの治療となります。

 当院の特徴3は、マイクロスコープ(手術用顕微鏡)による高精度な歯科治療にあります。 根管治療(歯内療法)や補綴治療(歯の修復治療)を含めた全ての歯科治療に使います。

 当院の特徴4は、成人矯正を専門とする歯科医師との連携治療を行います。 日本人の大半は歯並びに問題がありますので、 歯周病・インプラント治療と合併した歯並びの治療を行います。 これにより、歯周病・インプラント治療だけでなく、 より多くの診療ニーズに応えることが出来ます。

 歯周病専門医(指導医)は、貴方の歯を可能な限り残すことの出来るプロフェッショナルです。 日本歯周病学会の専門医(指導医)はすでに歯科医師免許を有している歯科医師を対象にした 卒後教育に携わることの許された歯科医師です。 そのミッションは日本歯周病学会 認定医 専門医 ならびに一般歯科医への教育活動です。

entrance.jpg

 健康な口腔に必要なことは歯周病の治療だけでも,歯並び・噛み合わせの矯正だけでも,インプラントを入れるだけでもダメなのです。 すべてを包括的にとらえて精密な診断と治療を施し,その後の管理をすることのできる貴方専用の歯科医師を探すことが大切です。  深刻な歯周病でお悩みの方,喪失した歯をそのままになさっている方, インプラント治療が不安な方, 歯並びが悪くても大人では無理だと考えている方, 歯並びや噛み合わせに問題がある方, 5年以上経過した品質に問題のある健康保険の治療がなされている方, あるいはお口の中のインプラントの具合が悪い方, 将来,入歯になるのは嫌な方,歯科医に何年もかかってない方, 以前治療した歯の品質に不安あるいは不満がある方, 若い頃から虫歯がなく歯が丈夫だと信じている方, 歯を一生使うための処方をしてもらったことがないという方には特にお薦めします。

■ 歯周病専門医によるインプラントはなぜ必要なのでしょうか?

 1〜2本の歯を失っても平気だと思っておられませんか?  見えない奥歯だからといってそのままにしておくと,お年を召した時にはガタガタのお口になってしまいます。  歯を失った原因が歯周病であるならなおさらです。  インプラントは歯のない場所に入れるわけですが, 残された健康なあなたの歯が長持ちするために欠かせない再建方法です。 そのためには周囲の天然歯の歯周病治療が必須なのです。 加えて歯周外科手術とインプラント手術はきわめて近似しており,新しい歯茎を造る仕事に他なりません。  アメリカやヨーロッパの歯科事情を検索して下さい。  歯周病専門医がその技術をリードし担当していることが明白です。

■ マイクロスコープ(顕微鏡)の歯科治療

 貴方の主治医は手術用マイクロスコープ(顕微鏡)で 診察したり治療したりしてくれますか? 21世紀の歯科治療には必要不可欠な技術ですが, 行政と教育の遅れによりそれを使いこなせる歯科医師は僅かです。 歯周病,インプラント,歯内療法,修復,補綴,診査診断においてその精度は裸眼の比ではありません。

■ 再建型の歯周病治療とインプラントをご存知ですか?

 『歯の寿命=人生』を実現するためには何が必要なのでしょうか? この20年で歯周病の治療とインプラントは画期的な進歩を遂げています。  しかし,残念ながら日本国内どこででも受けられる医療というわけではありません。  インプラントは歯周組織の再生治療と技術的,科学的内容がほぼ同様なものとして並行して進歩してきた分野です。  実際,治療計画から手術,その後のメンテナンスまで歯周病の治療とインプラントの治療は切り離すことは出来ないのです。  このサイトには歯周病専門医が提供する歯周病とインプラントを理解するために必要な情報があります。

■ Periodontistとは何でしょう?

 英語で歯周病専門医を意味します。 欧米先進諸国では歯周病インプラント治療のエキスパートを意味します。  歯周病の予防と治療を中心に包括的(むし歯やかみ合わせの問題)な口腔の再建を行うのが専門分野です。  私たちは,貴方の生涯の財産である歯と歯茎の健康をサポートするプロフェッショナルです。

 さらに当院では多くの日本人にとって歯周病の大きな病因の一つである歯列不正(歯並び)の問題を常駐する 矯正医と共同で治療を行いま す。  このようなコラボレーションを築いている歯科医院はごく少ないのですが, 下記の写真のような特殊な治療を治療を同一のドクターが初診から予後まで一括して管理することが可能になります。  矯正は歯科治療のオプションではなく,多くの方にとって不可欠な治療です。

 21世紀になりようやく動きだした歯科のマイクロスコープ(手術用顕微鏡)の技術が歯周病, インプラントだけではなくムシ歯を含むありとあらゆる一般歯科治療で格段に高精度な治療結果をもたらします。  そしてそれは治療結果の長持ちに直結します。

 歯と歯ぐきを大切にしたいと願うすべての方にこのサイトを捧げます。

治療の結果として得えられた美しく健康的な口元 spacer.gif この健康的なお口元は最初からこのような状況だったわけではありません。
歯周病専門医と矯正医との連携で得られた良好な結果の一つです。
治療前    治療中
ページの先頭に戻る

Copyright ©2015. KNB Dental Office. & Hiroyuki Konobu DDS. All rights reserved.

Created by ez-HTML

リンク

日本歯周病学会 | 米国歯周病学会(AAP) | 日本臨床歯周病学会 | E・P・I・C
ぺリオ・インプラント研修会
| 歯周病勉強会@水道橋 | 米国歯科大学院同窓会 | Geistlich | GEM 21S | Emdogain® | ASTRA TECH Dental | Nobel Biocare™ | 3i® Japan | ZEISS | 歯周治療情報センター | 二階堂歯科医院(専門医) | 清水歯科クリニック
(専門医)
| 天川デンタルオフィス外苑前 | 石谷歯科医院(専門医) | 吉松歯科医院 | メディカルサテライト八重洲クリニック | 日本ヘルスケア歯科研究会 | 歯科医院.com | デンタルナビ | 口臭予防チェック事典 |

サイトテーマ:

オレンジ ! | グリーン ! | アクア !

As site search by Google:

サイト内を検索:


powerd by google